リバースモーゲージが空き家問題に有効なわけ

   

 

 

リバースモーゲージとは簡単に言いますと、

自宅を担保にして銀行から借金をし、

本人が死亡したときに自宅を売却することで、

一括返済する仕組みです。

 

この利用の対象となるのは高齢者です。

年金や預貯金だけでは、老後の生活に余裕がないと言う人に対して、

旅行などの余裕資金や自宅のリフォーム用の資金として貸し付けています。

 

 リバースモーゲージは欧米では広く普及している商品ですが、

日本では人口減少によって長期的な不動産価値の減少リスクが大きいため、

土地を売却しても借金を一括返済できない危険性があり、

利用件数はあまり伸びていません。

ribamoge1

 

 

 このリバースモーゲージですが、思わぬところで空き家問題を解決する切り札となっています。

空き家問題の多くは、相続=「争続」となってしまったことが原因といわれています。

このリバースモーゲージは、

利用する際して、

当然ながら法定相続人である子供たちの同意が必要となります。

その際に、実家の将来の扱いについて、

相続人たちの家族で早期に考えるきっかけになるからです。

 

地価の下落による評価割れや、

長生きをすれば必要なときに新たな融資を受けられないなどのリスクはありますが、

「子供に家を残さない」と割り切って、

高齢者のリバースモーゲージ利用が拡大すれば、

死亡後は銀行が勝手に家を処分してくれるわけだから、

空き家問題が発生することはありません。

 - 空き家問題