薪ストーブ用革手袋の2倍活用術

   

薪ストーブで薪を投入するときの革手袋。
専用の革手袋は3000円~6000円くらいしてとても高いじゃないですか、
だから我が家ではホームセンターで売っている溶接用の安い牛皮手袋を使っています。
405円(税込み)だったかな。
 薪の投入口にハンドルがあって、そこをひねって開けて、薪をつかんで入れる。
この一連の動作でほとんど片方の手しか使いませんよね。
うちの場合は右手の手袋しか使いません。
左手は・・・使うことなく捨てられてしまう。
なんともったいないことでしょう。
このあいで婆さんからの知恵で、
「手袋は裏返すと逆手になるんだよ」
と言われたのでものは試しとやってみた。
通常はこのように使いますよね。
裏技、左手を裏返してみた。
これで右手に使えそうです。
でも裏返しした方は、縫い目が表に出るところがあるため、
炎で焼けてしまい持ちは悪くなるのが弱点かな。

 - 薪ストーブ