室内設置型ロケットストーブの制作その2、2日目

      2019/01/24

2018年11月25日(2日目)

室内設置型暖房用ロケットストーブ制作、2日目。本体加工。

 

ペール缶に曲り管を差し込むための穴をあける。
106Φの型を作り貼り付けた。

ディスクグラインダーで取手の邪魔な部分を取り去る。

切れ目を入れる。

ディスクグラインダーより、金切りばさみのほうがやりやすい。

ひとつひとつ丁寧に折り曲げていく

本体上部となるペール缶の上の縁を切り落とす。

ピッタリとかみあって上下一体となる。

106Φピッタリでは入るはずもなく、半径で1センチほど広げた。





 - ロケットストーブ ,