自伐型林業で農林水産大臣賞

   

 

 

自伐型林業の地道な努力が実って、徳島県那賀町の橋本光治さん、延子さん夫妻が農林水産大臣賞に選ばれた。
環境に配慮した独自の自伐型林業による森林経営が受賞のポイントでした。
このニュースを機会に、「自伐型林業」がますます普及することを期待しています。
 林業の発展に尽力した個人や団体を表彰する「2016年度全国林業経営推奨行事」(公益社団法人大日本山林会主催)で、那賀町臼ケ谷の林業橋本光治(みつじ)さん(70)、延子さん(65)夫妻が最優秀の農林水産大臣賞に選ばれた。山の自然を壊さないように細い作業道を張り巡らせるなど、環境に配慮した独自の森林経営が評価された。
 夫妻は、所有する約110ヘクタールの山林で管理から伐採、搬出まで一貫して営む「自伐型林業」を実践する。作業道は幅約2・3メートル、法面(のりめん)の切り取り高1・4メートルと、2トントラックが通れる最小限の規模で、周辺の木々への影響がほとんどない。延長は約30キロと面積当たりで通常の2倍以上で、木を搬出する労力とコストを大幅に削減している。
 山林は杉とヒノキの針葉樹のほか、広葉樹が3割を占める混交林。広葉樹の落ち葉が腐植土と呼ばれる栄養豊富な土壌になり、保水力も向上するなど、持続可能な森林管理も進める。
 光治さんは「山林の荒廃や林業の低迷が指摘されているが、工夫次第で山も守れるし小規模でもやっていける。受賞を励みに今後も頑張りたい」と話している。

 - 就労, 林業