薪福の薪割システム

      2016/05/26

 

薪福の薪割システムをご披露します。

玉切り材を積む一輪車、
17インチの古タイヤを載せた高さ30センチの薪割台、
3種類の斧、
割薪を運ぶ3連コンテナの一輪車、
これだけでワンシーズン分の十数トンの薪を割り切ります。
ああ、あと、腰ベルト、これが一番大事かも。
Evernote Camera Roll 20150125 214619a
まず、タイヤの中に入るくらいの玉切り材を据え付けます。
Evernote Camera Roll 20150125 214730a
そして、割ます。
割る方向は玉切り材を変えるのではなく、自分が360度回転しながら斧を振り落とします。
だからタイヤの周りはそのスペースが必要になります。
タイヤの中では、薪は割れてもはじけ飛ばす連続で割ることができます。
これがミソなんですね〜。
全然効率が違ってきます。
Evernote Camera Roll 20150125 214803a
割れた薪をコンテナに積みます。
これが1サイクルです。
Evernote Camera Roll 20150125 215004a
約2時間半の成果で、800キロ位かな。
これで、末端価格うん万円。
でもね、山から原木を運んで来て、チェンソーで玉切りしてだから、あんまり儲かる仕事じぁ無いですよ。
好きじぁなきゃやってられませんよ。
Evernote Camera Roll 20150125 215025a

 - , 薪ストーブ